ニュースNEWS

長崎東中学・高校で入学式

2021年04月08日

コロナ禍を越えて『ともによき世を創る』と決意の一歩です。長崎東中学・高校の入学式が開かれました。受験を乗り越えてつかんだ春です。長崎県立長崎東中学に120人、高校には内部進学生115人を含む281人が入学しました。新入生代表宣言をした中学生坂本莉菜さんと高校生代表古賀脩平さんは「東中生徒、東高生徒としての誇りを持って一生懸命学業に励むことを誓います」と述べました。新型コロナ対策で在校生は代表の生徒1人だけ。保護者は各家庭から1人が出席しました。鶴田栄次校長は東校が大切にしている「ともによき世を創る」という言葉を紹介し、「現代社会には平和や気候変動、環境問題、人口減少、新型コロナなどたくさんの問題があります。『よき世を創る』ことを目標に皆さん一人一人の学びを深めてください」と歓迎しました。9日からオリエンテーションなどが行われ、授業は中学・高校ともに13日(火)から始まる予定です。