ニュースNEWS

【長崎】西浦上小裏で倒木 フェンスが破損

2021年06月16日

16日朝、長崎市で木が倒れ、学校のフェンスが壊れました。午前7時すぎ、長崎市大手1丁目の西浦上小学校の裏門付近で「木が倒れて道の一部を塞いでいる」と近隣住民から通報がありました。倒れたのは遊歩道の法面に生えていた高さ12メートルほどの木で駆けつけた消防隊によって切断されました。西浦上小学校の麻生毅校長は「ご近所の西浦上中、附属小・中の生徒さん、通勤でも多くの方が使われている。かなり大きな木だったので私も連絡を受けて来て見てちょっとびっくりしました」と話しました。幸いけが人はいませんでしたが、小学校のフェンスの一部が破損しました。長崎市では16日午前までの24時間雨量が66ミリにのぼりました。