ニュースNEWS

長崎市85歳以上ワクチン接種予約問い合わせ相次ぐ

2021年05月13日

長崎市では12日に始まった85歳以上の新型コロナワクチン接種予約で、市のコールセンターには13日も問い合わせが相次いでいます。長崎市の高齢者のワクチン接種は5月24日からの85歳以上を皮切りに75~84歳、70~74歳、65~69歳と年齢層を分けて行われます。それぞれが、かかりつけ医に予約をし、接種を受ける「個別接種」が基本で、12日から85歳以上の予約の受け付けが始まりました。市のコールセンターには、「接種券が届いていない」「予約の仕方が分からない」「病院に電話がつながらない」など12日は464件の問い合わせが相次ぎ、オペレーターを6人から20人に増やして対応に当たっています。ワクチン接種は、市内約280カ所の医療機関で受けることができます。接種券と同封の一覧に記載のない医療機関でも受けられる場合もあるため、市は、かかりつけ医に確認してほしいとしています。6月中旬からは、市民会館(魚の町)や東公民館(矢上町)など5カ所で集団接種も行う予定です。