ニュースNEWS

長崎市でミニファッションショー「絆」

2020年11月25日

長崎市でミニファッションショーが行われ、モデルが華やかな衣装を披露しました。市民文化団体「長崎コレクション」が主催する「ミニファッションショー絆」。3連休最終日、沈む夕日が照らす中、長崎水辺の森公園の「月の舞台」で幕を開けました。ファッションショーは、2007年から開催していて今年9回目を予定していましたが、コロナの影響で屋内開催は「密」になるため、延期していました。しかしステージを屋外に移し、観客の人数を減らすなどの対策をした上で「ミニファッションショー」として開催しました。出演するモデルは応募で選ばれた長崎県内に住む13歳から29歳までの9人。自身がコーディネートしたり、デザイナーが製作したりした衣装を身にまとい、初めてのランウェイを、緊張しつつも楽しみながら歩きました。諫早市のデザイナー河浪静里奈さん(26)は、着物をリメイクしてデザインした衣装など5着を披露。また、自身も得意分野のコスプレ衣装を身にまとい、ランウェイを歩きました。