ニュースNEWS

10万円給付の制度漏れ救う 大村市で独自給付

2020年06月11日

国が1人当たり10万円を支払う特別定額給付金について大村市は制度の漏れで受け取れない人に対し独自に10万円を給付すると発表しました。国の特別定額給付金は基準日の4月27日以降に亡くなった単身世帯の場合、申請を済ませていれば相続人が10万円を受け取れますが申請をしていなければ相続人は受け取ることができません。大村市は郵送での申請受け付けを開始した5月18日以降、制度の漏れから受給できないとの問い合わせが5件ほどあったため市の財源で独自に支給することを決めました。大村市で申請を済ませていない世帯は全体で2722世帯あり、市は今後、亡くなった単身世帯数を調べ相続人に代理申請を案内するとしています。申請期限は8月18日までです。