ニュースNEWS

【長崎】新幹線与党PT山本委員長が佐賀知事と会談

2021年06月22日

九州新幹線長崎ルートの未着工区間の整備をめぐり、与党プロジェクトチーム九州新幹線検討委員会の山本幸三委員長が22日、佐賀県を訪れ、山口知事と会談しました。会談はおととし1月以来2年5カ月ぶりです。九州新幹線長崎ルート新鳥栖―武雄温泉間について与党PTはフル規格での整備にめどを立てたい考えです。山本委員長はフル規格に難色を示す佐賀県に配慮し、在来線についてはJRが経営を維持すること、財政負担についてはJRの貸付料の延長を検討している状況を説明しました。これに対し山口知事は「佐賀県はフル規格新幹線について手をあげておりませんので、与党PTが上から決めつけるというのはやめてほしい。幅広い協議を鉄道局とやっているので見守ってほしい」と話しました。会談後には「佐賀県が手を挙げていないのに決め打ちのような形で『フルが適当である』と上から降りてきたような形でなされたことがそもそも我々からすると大変強い違和感、掛け違いが続いている形」と述べました。山本委員長は23日、長崎県庁を訪れ中村知事と会談する予定です。