ニュースNEWS

【長崎】20日「父の日」には花を 長崎市長を表敬

2021年06月10日

20日の「父の日」に花を贈ってほしいと生産者団体が10日、長崎市長を訪問しました。「母の日」のカーネーションは定番ですが「父の日」にも花を贈ってほしいと長崎県内300戸の農家が所属する長崎花き園芸農業協同組合が訪れました。お薦めはこれからシーズンを迎える「ヒマワリ」。花言葉は「愛情」です。花き業界は新型コロナの影響で冠婚葬祭需要が減少し、キクを始めとする花の単価が下がるなど打撃を受けています。長崎市は、小中学校や市の公共施設150カ所に花を飾るなどの支援をしています。長崎花き園芸農業協同組合の後田博之代表理事は「家庭に花を定着させていくという活動をPR活動をやっていきたいと思っています」と話しました。贈られたアレンジの一部は市役所本館1階の総合案内に飾られます。