ニュースNEWS

【長崎】長崎市の飲食店など時短要請終了で歓楽街は

2021年06月08日

長崎市の飲食店と遊興施設に対する時短要請が終了し、飲食店からは安堵や不安の声が聞かれました。8日午後、長崎県内最大の歓楽街思案橋・銅座地区です。長崎市内の飲食店と遊興施設に対する午後8時までの営業要請は4月28日から41日間に及びました。長崎市本石灰町の「寿司割烹 松ふじ」の松本澄雄店長は「うれしいですけど完全に収束していない。ワクチンも打っていない状態ですのでもう1回こういう状態にならないか心配ですね」と話しました。時短要請期間は休業し、予約が入った数日だけ、時短営業をした店も…。長崎市船大工町の「えびす屋」の前田京子店長は「早くコロナが落ち着いてもう少し皆さんが安心して楽しく飲んでいただければうれしいなと思います」と話しました。41日間、時短要請に協力した店や企業には前年度または前々年度の1日当たりの売上高に応じて102万5000円から最大820万円の協力金が支払われます。