ニュースNEWS

【長崎】県内のコロナ新規感染36人 10日連続2桁

2021年04月24日

 24日、県内では新たに36人の新型コロナ感染者が発表され、クラスターも新たに4つ発生しています。
自治体別では、長崎市が19人、佐世保市・諌早市・長与町がそれぞれ4人、対馬市が3人、佐々町・時津町が1人です。
長崎市では、長崎市船大工町の「カラオケ喫茶すずめ」では6人の感染が判明し、クラスターとなっています。この店は午前11時半から午後4時半までの日中のみ営業していて、店内の消毒や換気、従業員の体温チェックなどの基本的な対策は講じていたということです。検査対象の人数は調査中ですが、長崎市保健所は4月14日から22日にかけてこの店を利用し不安のある方は保健所まで電話で相談するよう呼び掛けています。
この他、陸上自衛隊大村駐屯地では24日までに県外で公表された9人を含め、10人のクラスターが発生。対馬市では2軒のスナックでそれぞれ6人のクラスターが新たに発生しています。
23日までに判明していたクラスターの、長崎市の介護施設、「ラウンジ月下美人」、諫早市の福祉施設、横尾病院、佐世保市の飲食店でも新たな感染者が確認され、クラスター関連の感染が広がっています。24日の新規感染者36人のうち、感染経路がわかっていない初発事例は8件です。
県内では10日連続で2桁の感染者が確認されています。県内の感染者は累計1923人になりました。