ニュースNEWS

【長崎】合併後初 十八親和銀行で入社式

2021年04月01日

十八親和銀行では86人が入行の日を迎えました。去年10月に旧十八銀行と旧親和銀行が合併し誕生した「十八親和銀行」の1期生です。森拓二郎頭取は「変化をチャンスと捉え、失敗を恐れず積極的にチャレンジし、お客様のニーズにお応えできるよう一番身近な銀行を目指し頑張っていきましょう」と激励しました。新入行員誓いの言葉で近藤光太郎さん(22)・村川うぶさん(22)は「地域社会の発展のために貢献する誇りと自覚を持って、『あなたのいちばんに。』を胸に刻み、お客様に信頼される行員となることをここに誓います」と述べました。新入行員は2日から研修を受け、5月7日(月)に各営業店に配属されます。