ニュースNEWS

【長崎】「飛鳥2」が佐世保発着クルーズへ

2021年03月31日

コロナ禍で2回目となるクルーズ客船の佐世保寄港です。31日「飛鳥2」が入港し5泊6日のツアーに出港しました。「飛鳥2」は31日午前9時ごろ、佐世保市の三浦岸壁に接岸しました。新型コロナの感染拡大以降、佐世保にクルーズ船が入るのは去年10月の「にっぽん丸」以来2回目です。佐世保発着で金沢や京都を巡る5泊6日のツアーを運航します。乗客は約70人。国内に住む人に限られ、乗船前にPCR検査を義務付けています。長崎生まれの「飛鳥2」が県内発着のクルーズを行うのは初めてです。こちらのご夫婦は結婚記念日とお父さんの77歳、「喜寿」のお祝いを兼ねてツアーに参加しました。念願の「飛鳥2」に乗れると大喜びです。見送りに来た朝長佐世保市長はコロナの収束を見据え、地域経済の活性化になればと期待を膨らませていました。朝長則男市長は「クルーズに対しまして国民の皆様の理解を深めながら積極的な展開が将来出来ていくような礎をつくれればいいんじゃないか」と話しました。「飛鳥2」は佐世保東翔高校吹奏楽部の演奏に見送られ、午後5時すぎ、佐世保を出港しました。4月5日に佐世保に帰ってきます。