ニュースNEWS

【長崎】英国の核弾頭増強・被爆者5団体が抗議文

2021年03月24日

イギリス政府が、保有する核弾頭の数を約1.5倍に増強する方針を発表したことに対し、長崎の被爆者5団体が、ジョンソン首相に抗議文を送りました。イギリス政府は、保有する核弾頭の上限を現在の180発から260発に増やします。外交や安全保障の中長期計画として発表し、核戦力を増強する中国や、関係悪化が進むロシアの脅威に対抗する狙いがあります。抗議文ではこれを「『核なき世界』の流れに真っ向から挑戦する愚行」と断じ、核兵器を廃絶するリーダーとして先頭に立つよう強く求めています。長崎県平和運動センター被爆者連絡協議会の川野浩一議長は「核禁条約が発効したからといって、我々は手放しで喜んでても核兵器はなくならない。逆になくならないどころかこういう反発も湧いてきた。国内的にも国外的にもいよいよこの核に対する戦いというのが熾烈になってきたなと思っています」と話しました。5団体は今後、核軍縮を求めるイギリスのNGOと連携し、新たな活動を展開したいとしています。