ニュースNEWS

【長崎】米海軍崎辺東地区が日本に返還

2021年03月05日

アメリカ海軍が崎辺海軍補助施設として使用していた崎辺東地区が日本に返還されました。崎辺東地区は約12万9000平方メートルの広さがあり、2015年8月に日米合同委員会で「消防訓練施設を赤崎貯油所に移転すること」を条件に返還に合意していて、去年、施設の移転が完了しました。佐世保市は今年1月25日に崎辺東地区が日本に返還されたという防衛省からの通知を4日、県を経由して受け取りました。自衛隊による利活用を要望してきた佐世保市の朝長市長は「返還が実現し市長としてうれしく思います」とのコメントを発表しました。今後、防衛省は崎辺東地区に護衛艦の係留施設などを整備する計画です。