ニュースNEWS

【長崎】卒業生へJRと活水女子大がお祝い

2021年03月04日

今春、長崎を旅立つ若者たちにエールを送ろうとJR長崎駅の仮通路に紙で作った約1万枚の桜の花や花びらが貼られています。JR九州長崎支社が企画した「祝卒業さくら咲くプロモーション」。JR長崎駅の東口と旧長崎駅の改札をつなぐ仮通路の一部約40メートルを「さくら咲く通り」と名付け、社員らが桜色の紙を切り抜いて作った約1万枚の桜の花や花びらで彩りました。長崎を旅立つ卒業生への応援メッセージも添えています。中にはハートの形をした花びらも隠れています。また活水女子大学とタイアップして旧長崎駅のかつての切符売り場に長崎の風景などを描いた「卒業おめでとうアート」も飾っています。生活デザイン学科の4年生4人が卒業制作でデザインしました。「さくら咲く通り」は5月下旬まで。「卒業おめでとうアート」は旧駅舎の取り壊しまで掲示されます。