ニュースNEWS

そのニュース長崎では?緊急事態宣言再発出へ

2021年01月05日

5日、東京では新たに1278人の感染が確認されました。菅総理大臣は東京など1都3県に対する緊急事態宣言について、7日に発出を決定するとの考えを示しました。県内への影響は?そのニュース長崎では。緊急事態宣言が出されるのは去年4月に続き2度目で全国に出された前回と違い、今回は一部の都道府県に限り、学校の休校などの措置も取らない見込みです。また文部科学省は今月16、17日に予定される大学入学共通テストも予定通り実施することを決めています。大学入試はまさに追い込みの時期。緊急事態宣言が出る地域の大学を志望する予備校生は冷静に受け止めつつも心配もあるようです。「東京に受験に行った時にそこでコロナにかかってしまったら受験を受けられずに自分の合否に影響するのは不安」「割と前の方から私大とか入試がなくなるかもだったり横浜国立大学とか二次試験が無くなると言っていたのでそれを予想はしていたんですけど実際そうなると受験生としては結構苦しいというか対策していたのが無くなるのは怖いなというのはあります」と話しました。合格した後にも不安が…。「たぶんこの調子だとずっとオンライン授業が続くのかなと思って普通の大学生活は送れないというのを前提に今後の4年間を過ごさないといけないと思っています」と話しました。菅総理は「緊急事態宣言が出れば今月11日まで停止しているGoToトラベルの再開は難しい」との考えも示しました。再開に期待していた観光地の関係者は…。「再開してほしいですけどもどんどん感染が広がっていくのも心配、長崎も増えてきて医療関係の方も大変だと思うので」「いったんとりあえずガーッと終息させて改めてというのがいい、いつまでも中途半端なことだらだらしてだらだら続いてというより」など話しました。中村知事は、長崎県への緊急事態宣言の発出について4日の会見で「まだその段階ではない」としていて、県民に対しては、これ以上の感染拡大を防ぐため、人との接触を極力減らすよう呼び掛けています。