ニュースNEWS

長崎県議会開会 211億円余のコロナ対策補正予算

2020年09月10日

長崎県議会の9月定例会が開会し、211億円余りのコロナ対策費などが提案されました。冒頭、新型コロナの感染者や医療従事者らへの誹謗中傷や差別、偏見の根絶などに向けた決議を全会一致で可決しました。提案した285億円余りの一般会計補正予算のうち211億円余りがコロナ対策費です。中村知事は「1日当たりの検査可能件数について本年中に2500件まで拡大するとともに、2次救急輪番病院や高齢者施設、障がい者施設等における新規入院・入所前のPCR検査等を支援してまいります」と述べました。PCR検査機器や医療機関の設備、長崎大学でのワクチン開発の支援費などを盛り込みました。