ニュースNEWS

GOTOは東京対象外で実施 県内の反応は

2020年07月16日

 政府は22日(水)から始まる観光促進策GOTOキャンペーンの運用を見直し、陽性者の数が急増している東京を対象外にして実施する方針を固めました。
 赤羽国交大臣「東京都の発着、東京都を目的としている旅行、東京都に居住する方の旅行を対象から外し、宿泊・旅行業界、旅行者双方に具体的な感染拡大防止対策を求めた上で7月22日から事業を実施する旨、本日の分科会で説明し、専門家から意見をいただきたい」
 GOTOキャンペーンをめぐっては政府与党内でも「観光業はぎりぎりの状態だ」として予定通り進めるべきという意見の一方で、「朝令暮改でもいい」と実施方法の見直しを求める声が上がっていました。
 政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長「旅行自体が感染を起こすことはないです。旅行しようがしまいが3密というような場所を出来る限り避けると(感染者は)かなり減るはずなんです」
 政府は16日夜の分科会で専門家の意見を聞き、その後、会見を開く予定です。
 中村知事「できれば予定通りスタートしていただけると観光県としてありがたい」
 中村知事は6月から始めた誘客キャンペーンでも感染者が出た事例はないとして予定通りのキャンペーンスタートを求めました。またGOTOキャンペーンを前提として観光業復活の制度設計をしているとして改めて積極的な活用を呼びかけました。一方、感染症指定医療機関である長崎大学病院は不安視しています。
 中尾一彦院長「非常に我々も心配している。ぜひバランスのいい施策を行っていただいて感染に至る人を守っていただければと思う」
 県民からは反対の声が相次ぎました。
 【反対】女性「自粛しないと。来る、行くではなくて行かないこと、来ないこと、それを止めることが本当にすべきことだと思う」
 【賛成】男性「極力うつらないように本人が努力したら別に構わないのでは景気も浮揚しないと」
 【反対】女子大生「GoToキャンペーンと言っているけど大学生は自粛してオンラインで講義なのですごく理不尽だと思う」
 【反対】女性「観光業界が困っているので(エリアを)限定してもいいのかなと思う」
 世界遺産・大浦天主堂周辺の土産店からはキャンペーンに期待していたからこそ、悲痛な声が上がりました。
 【反対】土産店「観光地だから皆で来てもらって盛り上がりたいけど、今はコロナが収まった時点でキャンペーンをしてもらいたい」
 【反対】土産店「来てほしいのは本当に山々なんですけど、感染者が少ない所に集中しそう。せっかくキャンペーンするなら日本全国平等な時にした方がいいかな」