ニュースNEWS

約900万円横領の女に執行猶予付き有罪判決

2020年06月16日

判決によりますと法律事務所の元従業員、長浦美保被告(47)は1人で経理を担当していた2002年から13年間、度々帳簿の記載をごまかし横領していました。横領した金は生活費や借金返済に使ったということです。判決で堀田佐紀裁判官は「犯行に常習性があり横領発覚後も否認を繰り返すなど誠実に対応しなかった」として懲役2年6カ月執行猶予4年の有罪判決を言い渡しました。