ニュースNEWS

特殊詐欺被害 仮想通貨4600万円

2020年05月29日

長崎県内に住む60代の投資家の女性がうその投資話を持ち掛けられ総額4600万円相当の仮想通貨をだまし取られました。60代女性に今年3月中旬頃から今月26日までの間にマーケティング会社のユイキと名乗る男から「投資に失敗した人を救済する会社です。グリーンイエローという会社への投資を手伝ってくれれば負債額の8割を取り戻すことができる」などとうその電話がありました。その後、国際法律事務所の職員を名乗る男から「あなたの口座が差し押さえられる可能性があるので現金を仮想通貨に換えて送金するように」などと連絡がありました。女性はこれを信じ8回にわたり総額4600万円を仮想通貨に換金して送金しだまし取られました。