ニュースNEWS

NGO企画「オンラインNPT再検討会議2020」

2020年04月29日

新型コロナの影響でNPT核拡散防止条約再検討会議が延期になったことを受けてNGO「ピースボート」が「オンラインNPT再検討会議」と題し、インターネット上で討論会を開きました。Web会議システム「Zoom」とYouTubeのライブ配信を使って行われ、約600人が参加しました。長崎大学核兵器廃絶研究センター中村桂子准教授は「皆さんが考える新しいことをやっていく、それが本当に世界を変える力になっていくんだと思っています」と話し、ICAN国際運営委員でピースボートの川崎哲共同代表は「新型コロナウイルスの問題で世界が改めて安全保障問題で多国間で協力しなければいけないというその考え方の中に当然日本の9条の精神を世界的に生かしていくということも含まれてくると思う」と話しました。また日本被団協の田中煕巳代表委員(88)は「被爆者の話に耳を傾けて下さい。原爆の被害を疑似体験してください。そして語り継いでください」と話しました。約2時間、NGOやナガサキ・ユース代表団のメンバーらが核兵器の廃絶や核軍縮に向けた様々な取り組みについて意見を交わしました。5年に1度のNPT再検討会議は4月27日から5月22日までアメリカ・ニューヨークの国連本部で開かれる予定でしたが新型コロナウイルスの感染拡大を受けて来年4月までに開くことで合意しています。