ニュースNEWS

長崎市 新規職員に辞令交付

2020年04月01日

新型コロナ対策で異例の対応です。長崎市で新たに採用された職員に辞令が交付されました。18歳から51歳まで125人の職員を採用した長崎市。例年、消防局の講堂などで交付式を開きますが今年はコロナ対策で部局ごとに実施しました。福祉部には4人が配属されました。うち1人は先月末、関東から引っ越して来たため、コロナ対策で2週間、自宅待機となり欠席しました。山口部長は「高齢者や障がい者の方たちが困っている時、弱っている時に支援するやりがいのある仕事。きょうスタートする役所人生を充実させ楽しんでほしい」とエールを送りました。辞令の交付を受けたあとは田上市長のメッセージ動画を見ました。2日から少人数に分けて研修が行われます。