ニュースNEWS

【長崎】県洋菓子コンテスト 19歳パティシエ金賞

2021年06月23日

現役のパティシエから高校生までが腕を競う長崎県洋菓子コンテストが開かれました。長崎県洋菓子協会が主催し長崎県内などで活躍するパティシエやその道を目指す高校生らの作品58点が出展されました。新型コロナの影響で2年ぶりの開催です。テーマの「木苺」使っておいしさを競う「プチガトー部門」。飴細工で美しさを表現する「ピエスアーティスティック部門」など9つの部門に分かれ、審査員がそれぞれ評価しました。砂糖とアーモンドを練って人形などを作る「マジパン仕上げ」のジュニア・学生部門ではパティシエになって2年目、諫早市の「ケーキ&ティールームシェリール」で働く山本夏海さん(19)が金賞を受賞。テーマ性のあるデザインと人形の表情など細部へのこだわりが評価されました。山本夏美さん(19)は「私、映画が大好きなんですけど、それが伝わっていただけたのかなと思います。コロナ禍の中でコンテストを開催していただけて、賞も頂けてすごく光栄です」と話しました。受賞者は10月に開催される全国大会「2021ジャパン・ケーキショー」への出場権が与えられます。