ニュースNEWS

【長崎】佐世保市でコロナワクチン個別接種始まる

2021年05月25日

長崎県内各地で高齢者を対象にした新型コロナワクチン接種が始まっていますが25日から佐世保市の医療機関でも65歳以上を対象にした個別接種が始まりました。佐世保市の65歳以上のワクチン接種対象者は約8万2000人です。25日から始まった個別接種は約120カ所の医療機関で行います。そのうちのひとつハウステンボス町の長崎国際大学内にある「NIU利休庵診療所」には、事前予約した24人が訪れました。長崎国際大学は去年、新型コロナの感染の有無を調べる検査センターと学生や職員、地域住民も受診できる診療所を開設しました。訪れた人たちは医師でもある安東学長の問診を受けた後、ワクチン接種をしました。接種を終えた人は体調に異常が出ないかを確認するため15分ほど別の部屋で待機します。接種を終えた人は「注射は苦手なんですけど上手に打っていただきました。腫れも今のところ感じません」と話しました。医師でもある長崎国際大学の安東由喜雄学長は「ワクチン治療というのは我々が利用できる最も有効な手段ですからワクチン接種が始まるということは素晴らしいことだと思うんですけども接種してもしばらくマスクをして色々なエビデンスを重ねるまで今まで通りの生活習慣を続けていただきたい」と話しました。こちらの診療所には6月10日までに89人の予約が入っているそうです。佐世保市では26日から集団接種も始まります。市は7月末までに個別と合わせ2度の接種を終えたいとしています。