ニュースNEWS

【長崎】相浦駐屯地で日米仏豪共同訓練始まる

2021年05月12日

自衛隊とアメリカ、フランス、オーストラリア各国軍による離島防衛の戦術技量向上を目的とした共同訓練「アーク21」が、佐世保市の相浦駐屯地で始まりました。11日に相浦駐屯地で行われた共同訓練の開始式には4カ国の部隊が集まり、陸上自衛隊第1水陸機動連隊長の開雅史1等陸佐が「インド太平洋地域を含む国際情勢は大きく変化しつつあります。共に汗を流し訓練するのが重要だ」と挨拶しました。17日までの訓練は相浦駐屯地で水陸両用作戦などの戦闘技術を確認し、宮崎と鹿児島にまたがる霧島演習場では、陸上自衛隊とアメリカ海兵隊、フランス陸軍がヘリコプターやオスプレイを使った部隊の輸送・展開や、市街地戦を想定した演習をします。3カ国の陸上部隊が国内の演習場で訓練をするのは初めてです。また、東シナ海では3カ国に加え、オーストラリア海軍も参加する防空訓練などが行われます。4カ国は連携を図り、中国をけん制する狙いがあるとみられます。