ニュースNEWS

【長崎】県内で新型コロナ36人 長崎市で23人

2021年05月05日

4日に過去最多62人の新型コロナ感染者が出た長崎県内。5日も6市2町で36人の感染が発表されました。田上病院の大規模クラスターは新たに6人の感染が判明、長崎市では別の病院でもクラスターが起きています。新たに感染が判明したのは長崎市で23人、佐世保市と壱岐市で各3人、諫早市と長与町が各2人、大村市、東彼杵町五島市がそれぞれ1人の計36人です。4日、医療従事者と入院患者合わせて31人の感染が判明し、大規模なクラスターが発生した長崎市田上2丁目の田上病院では新たに医療スタッフ6人の感染がわかり病院の感染者は計37人となりました。また長崎市大浦町の出口外科眼科医院では5日までにスタッフ6人の感染が判明、クラスターとなっています。この病院では4月30日、職員1人の感染が判明し、全職員35人の検査を実施、新たに5人の陽性を確認したということです。9日まで外来を休診し、陰性だったスタッフ29人の2度目の検査を実施します。このほか長崎市船大工町のラウンジ「クイーン・オブ・ザ・ハート」では新たに1人の感染がわかりクラスターは8人に。また3日にクラスターを公表した長崎市内の製造業の事業所でも新たに1人の感染が分かり感染者は8人となっています。佐世保市ではクラスターが起きているコールセンター「パーソルワークスデザイン」で新たに年齢非公表の女性1人の感染が分かり感染者は7人となりました。長崎県内の感染者の累計は2263人、今月だけで186人の感染が判明しています。