ニュースNEWS

【長崎】新型コロナ感染者9割以上が変異株感染疑い

2021年05月04日

長崎県内でも感染者のほとんどが変異株感染である実態が明らかとなりました。長崎県内で先週1週間に変異株検査をした人のうち実に92%に変異株感染の疑いがあることがわかりました。県内では新型コロナに感染した人の中から先週1週間で66人について変異株のスクリーニング検査を実施しました。このうち92%に当たる61人に変異株感染の疑いがありました。変異株の陽性率はその前の週が82%、さらにその前の週が52%で週を重ねるごとに割合が上がり、県内でも従来型から変異型に置き換わっていることが分かります。これで県内で変異株感染の疑いがある人は計257人となりました。このうち株が特定できているのは31人と先週までと変わらず、全員が感染力が強いとされる「英国型」でした。