ニュースNEWS

【長崎】中古眼鏡・サングラスを発展途上国へ収集箱

2021年04月21日

視覚に障害のある発展途上国の人たちに送る中古の眼鏡やサングラスの収集箱が長崎市の浜屋百貨店に設置されました。設置したのは「ライオンズクラブ国際協会長崎中央クラブ」です。使わなくなった眼鏡やサングラスを回収し、消毒や度の調整をした上で、ベトナムやミャンマーなどアジア9カ国の視覚に障害のある医療従事者や患者、子どもたちなどに送ります。長崎中央ライオンズクラブの古賀正徳第一副会長は「不要な眼鏡がありましたらぜひ浜屋さんに5月いっぱいは収集の箱を設置してますのでぜひご協力をお願いします」と話しました。中央クラブは去年10月以降、県庁や長崎市役所などに収集箱を置き、約600本が集まったということです。