ニュースNEWS

【長崎】県内の小学校で入学式

2021年04月08日

新型コロナの感染に気を付けながらの開催です。長崎県内各地の小学校で入学式がありました。小さな体に大きなピカピカのランドセル。みんな服も素敵です。家族の喜びもひとしお。喜びや期待、少し不安もあるのかな?新しい扉を開けて小さくても大きな一歩を踏み出します。長崎市立伊良林小学校では2016年度から建て替えを進めた新校舎で初めてとなる新1年生61人を迎えした。入学式は新型コロナの感染対策を取り、保護者は各家庭2人まで。全員マスクを着け「一年生になったら」の音楽と拍手のなか、新1年生が緊張した面持ちで入場しました。伊良林小学校の石橋博道校長は「笑顔、優しさ、元気、この3つの約束を守って立派な伊良林小学校の1年生になってください」と話しました。歓迎の出し物の時だけ2年生が式に参加し、歌に合わせてダンスを披露しました。式のあとは真新しい教室で初めてのホームルームが開かれました。今春、長崎県内315校の公立小学校には、去年より約100人少ない約1万1100人の児童が入学します。