ニュースNEWS

【長崎】長崎市と時津町で2人コロナ感染

2021年04月03日

3日、長崎県内で2人の新型コロナの感染確認が発表された。長崎市で感染が確認された30代の女性は、これまでに入所者と職員計5人が感染しクラスターが発生している樫山町の特別養護老人ホーム「三重の里」の関係者で、職業非公表。発症の2週間以内に県外移動歴はない。喉に違和感を覚えた先月30日、それまでに「三重の里」で確認された陽性者の接触者として検体を採取。翌31日のPCR検査で陰性を確認。今月2日、クラスター発生を受け施設全体で実施されたスクリーニング検査で陽性と判明。現在、熱はなく咳や鼻水の症状。長崎市が入院・入所を調整中。「三重の里」関連のクラスターで確認された感染者は6人となった。長崎市は3日までに「三重の里」の入所者とスタッフ延べ240人に検査を実施。今後2週間程度は、感染状況を見ながら施設全体のスクリーニング検査を実施することにしている。また、時津町を訪れていた県外居住の20代の男性会社員の感染も確認。先月30日から出張で時津町を訪れ、先月31日に発熱と咳の症状。今月1日、長崎県内の医療機関でPCR検査を受け陽性と判明した。現在は長崎県内の宿泊療養施設に入っている。濃厚接触者2人、接触者1人を特定しPCR検査を調整中。長崎県内の新型コロナの感染者は累計1645人となった。