ニュースNEWS

【長崎】十八親和銀行「投信のパレットサービス」

2021年03月31日

十八親和銀行が顧客の資産作りをサポートする新しいサービスを始めます。森拓二郎頭取は「資産作りや資産寿命を延ばす方法などを引き続きご提案して参りたいと考えております」と話しました。4月12日から始まる「投信のパレットサービス」は、FFGふくおかフィナンシャルグループが開発した投資信託の提案システムを活用した新しいサービスです。国内ほぼ全ての投資信託を公平に分析し運用の成果や安定性を評価、顧客の要望に沿った投資信託の組み合わせを提案するというものです。十八親和銀行営業推進部の山川信彦部長は「投信が意外と身近なものだということを知っていただく、そういった成功体験を積み上げていけば全県的な広がりになってどんどん裾野が広がるのではないかなと期待しています」と話しました。「投信のパレットサービス」は4月12日から十八親和銀行の窓口で利用することができます。