ニュースNEWS

【長崎】長崎大学卒業式 コロナで総代らのみで実施

2021年03月25日

長崎大学の卒業式が行われました。コロナ前の会場は長崎ブリックホールでしたが、きょうは講堂。1941人の卒業生のうち、出席者をわずか64人に制限しての開催です。卒業の日を迎えたのは学部生1569人と大学院生372人。式の出席者は、各学部や研究科の総代ら64人にしぼり、換気や消毒などコロナ対策を徹底して行いました。長崎大学の河野茂学長は「ぜひ皆さんには青春に生きるものとして、社会へ貢献する優しい気持ちを持って生き続けてほしいと願っています」と述べました。答辞で多文化社会学部の永田哲大さん(24)は「新型感染症のパンデミックで得た教訓を思い出し、困難を前にしても毅然たる態度で変化に柔軟に対応し、予測困難な未来を乗り越えて参りたいと思います」と述べました。参加できない学生や保護者らのために、式の模様はYouTubeにリアルタイムで配信しました。1カ月ほど視聴できます。3月1日現在の就職率は、学部生が去年の同じ時期より0.1ポイント低い93.9%、院生は0.9ポイント高い94.6%です。