ニュースNEWS

【長崎】たちばな信金など事業承継ネットワーク発足

2021年03月24日

長崎県諫早市に本店を置く「たちばな信用金庫」など長崎、福岡、佐賀の13の信用金庫が取引先の「事業承継」を支援するネットワークを立ち上げました。「九州北部しんきん事業承継ネットワーク」は、「一般社団法人九州北部信用金庫協会」に所属する13の信用金庫、201の店舗網で構成します。全国最大、三つの県をまたぐ初めての信金ネットワークです。地域の企業を消えることなく存続させることで地域経済の衰退を阻止し、発展を目指して取り組みます。経営者の高齢化や後継者不足、コロナ禍での廃業の増加などを背景に、「事業承継」は喫緊の課題となり、社会問題化しています。ネットワークは中小・零細企業や個人事業主も対象とし、手数料が低く抑えられるなどの利点を生かし、事業の存続や近隣の取引先への承継を支援していきたいとしています。