ニュースNEWS

長崎の高校生が史上初開閉会式ダブル司会 選抜開幕

2021年03月19日

第93回選抜高校野球大会が開幕。長崎日大高校の生徒が開会式の司会を務めました。コロナで2年ぶりとなるセンバツ甲子園。感染対策として入場行進は19日に試合をした6校で行い、ほか26校は事前収録の行進が大型ビジョンに映されました。初出場の県勢「大崎」も九州王者として堂々の行進です。司会は、おととしの全国高校放送コンテスト朗読部門で準優勝した長崎日大高校3年の寶藏寺花映さん。大役を終え「グラウンドに出ると大会を開催する喜びや実感が沸いてきました。入って来た選手たちを仲間のように感じて緊張がほぐれました」と話しました。31日に予定する閉会式の司会は大村高校3年の山口雄大さん。開会・閉会式ともに長崎の高校生が司会を務めるのは史上初めてです。大崎の初戦は21日の第2試合、福岡大大濠と対戦します。