ニュースNEWS

【長崎】損保ジャパンがフードドライブ

2021年03月02日

コロナ禍でも子どもたちに前向きな気持ちになってほしい。損害保険会社が「フードバンク」団体に食品を寄付しました。損保ジャパン長崎支店は、社会貢献活動として2014年から毎年、長崎県内の福祉施設で使う車いすの清掃などをしてきました。コロナ禍の今年度は代理店組織などと共同で余っている食品などを食べ物に困っている人に届ける「フードドライブ」に取り組んでいます。損保ジャパン長崎支店の嶋田哲也支店長は「何かもう一つ頑張っていこうという前向きな気持ちにもなっていただけるし、一つの心の栄養ということで活動が結びついていけば」と話しました。集まった食品は長崎と佐賀で「フードバンク」事業を展開する「フードバンク協和」を通して、希望する長崎県内の子ども食堂や児童養護施設などに届けられます。