ニュースNEWS

長崎北陽台高でスクールバス運転手に花束贈呈

2021年03月01日

長崎北陽台高校の3年生が、スクールバスの運転手に花束を贈りました。生徒の代表は「運転手の皆様の安全運転のおかげで私たち北陽台生は毎日無事に学校に通うことができました。3年間本当にありがとうございました」と話します。生徒の多くは毎日、朝と夕方に合わせて30本ほど高校のバス停を通過するスクールバスを利用しています。長崎バス大橋営業所の尾崎直哉さんは「バスの中でも勉強している子もいたのでその成果が今後いい結果につながるように精進してもらいたい」と話しました。北陽台高校では3年生276人が卒業しました。