ニュースNEWS

【長崎】新型コロナ 長崎市の特別警戒警報解除へ

2021年02月18日

長崎市と佐世保市に継続して出されている「特別警戒警報」の期限は21日です。長崎県は長崎市の特別警戒警報を解除、佐世保市は病床のひっ迫が続いているとして同時に解除できるか最終調整しています。長崎県は2月8日、長崎県全体に出していた特別警戒警報を県内19市町で解除。病床がひっ迫する長崎市と佐世保市には継続して出し、市民に対し2月21日まで不要不急の外出を控えるようお願いしています。関係者によりますと県は18日午前に開いた有識者会議で現在長崎市と佐世保市をステージ4、その他の市町をステージ3としている警戒レベルを2に引き下げる方針を申し合わせました。長崎市と佐世保市の特別警戒警報については感染状況が落ち着いている長崎市は解除、高齢者施設でクラスターが発生した佐世保市については病床のひっ迫が続いているとして同時に解除できるか引き続き調整しているということです。知事が19日午前、会見を開き発表します。長崎県内では18日、長崎市で80代の男性と60代の女性の感染が発表されました。80代の男性は感染ルートが分かっておらず、60代の女性は17日感染が判明した60代男性の接触者などとして検査を受けていました。長崎県内の感染者の累計は1590人で今月に入り感染者一桁やゼロの日が続いています。