ニュースNEWS

五島鬼岳で3年ぶり山焼き

2021年02月15日

13日、五島のシンボル鬼岳で春の訪れを告げる山焼きが3年ぶりに行われました。
標高315メートルの鬼岳は五島の島々を一望できる観光スポットです。鬼岳を周回するサイクリングロードに集まった消防団員およそ130人が、午後6時のサイレンを合図に一斉に火をつけました。火は徐々に燃え広がり風にもあおられて山頂に向かって上っていきました。3年に一度行われる山焼きは、火災予防と景観維持のほか、雑草を焼いて害虫の発生を抑制する効果もあります。およそ71ヘクタールの山肌は山焼きのあと真っ黒になりますが、春になると鮮やかな緑の新芽に覆われ元の美しい景観がよみがえります。