ニュースNEWS

長崎市への長崎県独自の緊急事態宣言7日解除見込み

2021年02月03日

 長崎県は2月7日まで県内全域に出している新型コロナの特別警戒警報と、長崎市に出している緊急事態宣言について解除する方向で検討していることが分かりました。
 長崎県は新型コロナの感染が拡大し、医療が逼迫するなどしたことから1月6日、長崎県内全域に特別警戒警報を発令、また1月16日には長崎市に対し県独自の緊急事態宣言を出し、飲食店などに対し午後8時以降の営業時間短縮を要請しました。しかしここ数日、感染者が一桁と低水準に収まっていることや長崎市では2日に約2カ月ぶりに新規感染者がゼロとなり、3日も2日連続でゼロの状況が続いていることなどを鑑み、7日で解除する方向で検討しています。今週中に知事が会見を開き方針を発表します。