ニュースNEWS

【長崎】時短協力金申請は2月8日から

2021年01月29日

県は、営業時間短縮要請に応じた飲食店などへの協力金の申請の受け付けを、2月8日から始めると公表しました。
申請できるのは食品衛生法の営業許可を受けている飲食店や遊興施設などで、対象はおよそ1万店舗です。20日からつき2月7日の全日程で協力したことが条件で、1店舗あたり76万円が支給されます。申請を受け付けるのは店舗がある市や町の窓口で、各市町のHPで必要な書類をダウンロードできます。市や町によって様式が異なりますが、営業時間を短縮したことが分かる写真などの証明が必要です。2月8日から26日に申請を受け付けます。県は「協力金は遅くとも3月中には支給したい」としています。