ニュースNEWS

【長崎】米臨界前核実験に被爆者ら抗議座り込み

2021年01月19日

核廃絶を願う被爆者らがアメリカの臨界前核実験に対する抗議の座り込みをしました。アメリカ・トランプ政権は核爆発を伴わない臨界前核実験を去年11月に実施していました。座り込みを呼び掛けた県平和運動センターの山下議長は「核兵器禁止条約発効前の駆け込み実験」だとして「世界中の市民が声を上げ、核兵器を事実上使えなくしよう」と呼び掛けました。40人の参加者は、バイデン次期大統領に核兵器禁止条約の批准を求める抗議文を採択しました。条約が発効する22日にも祈念像前で集会を開く予定です。