ニュースNEWS

新型コロナ 保育園でクラスター発生 

2021年01月18日

今週も新型コロナウイルスの感染が相次いでいます。長崎市の保育園では保育士のクラスターが発生しました。園児およそ60人が検査を受けています。
新たに感染が確認されたのは長崎市で7人、佐世保市で4人、長与町で3人、諫早市で2人、西海市で1人のあわせて17人です。長崎市の滑石保育園で17日、保育士1人の感染が確認され接触者の検査をしたところ、新たに保育士5人の感染が判明しました。長崎市はクラスターが発生したとしています。滑石保育園は18日と19日を休園にして保育士が接触した園児およそ60人、同僚の保育士およそ30人あわせて90数人の検査を進めています。諫早市のグループホーム「おおくさ」で新たに2人の感染が判明しクラスターの人数は職員6人、入所者7人の合わせて13人となりました。佐世保市では90代の男性が死亡後に陽性と確認されました。長崎市でも入院治療中だった1人の死亡が確認され、新型コロナによる県内の死者は16人となりました。