ニュースNEWS

長崎ヤクルト チャリティー募金運動の贈呈式

2020年12月03日

社会福祉に役立ててもらおうと長崎ヤクルトが売上金の一部を寄付しました。長崎ヤクルトは1996年から県の社会福祉協議会に寄付を続けていて今回が25回目です。今年は10月5日から30日に集めた168万9160円を贈りました。寄付の総額は約3200万円にのぼっています。ヤクルトレディ代表の蕪木理恵子さん(45)は「恩返しではないのですがお返しができたらと思う活動。多くの方に使って頂けたら幸いです」と話しました。寄付金は長崎県内の高齢者施設のベッドや介護用品の購入費などに充てられます。