ニュースNEWS

【長崎】福岡県での鳥インフル受け緊急対策会議

2020年11月25日

福岡県の養鶏場で鳥インフルエンザが発生したことを受け長崎県は緊急に対応を協議しました。会議には長崎県庁の各部局長が召集されたほか各振興局もリモートで参加しました。上田副知事は「長崎県内でもいつ発生するかわからない状況。警戒感を強め情報を共有して対応に当たってほしい」と呼びかけました。福岡県宗像市の養鶏場では24日、ニワトリの死が増加し、長崎県の立ち入り調査で「H5亜型」の高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出されました。肉用鶏約9万4000羽の処分が進み、農場から3キロ以内の移動制限が敷かれています。今シーズンは香川県の8つの養鶏場で鳥インフルエンザが発生しています。長崎県では25日から長崎県内133戸の農場に消毒用の石灰を配布し、現地確認なども実施します。