ニュースNEWS

長崎歯科衛生士専門学校で戴帽式

2020年11月25日

歯科衛生士の卵たちが新たな一歩、臨床実習に向けて「戴帽式」が行われました。今年で創立50周年となる長崎市の「長崎歯科衛生士専門学校」では基礎教育を終えた2年生30人が1人ひとり、宮口嚴校長からナースキャップを授かりました。誓いの言葉で須崎史奈さん(20)は「患者さんの立場を理解し、常に誠実に思いやりの心を持って接します」と述べました。今年度は新型コロナの影響で保健所などでの実習の中止が相次ぎました。このため来週月曜(30日)に始まる診療所などでの臨床実習は、例年以上に重要だということです。学生たちは約1年間の臨床実習を経て、再来年3月の国家試験に挑みます。