ニュースNEWS

諏訪っ子くんちフェスティバル開催

2020年11月09日

今年の長崎くんち奉納踊りは延期されましたが、長崎市の諏訪小学校では、恒例の諏訪っ子くんちが開かれました。
第24回諏訪っ子くんちフェスティバル。諏訪小の開校以来続く恒例行事です。今年のくんちで奉納される予定だった万屋町の鯨の潮吹き。踊町の人たちによる熱心な指導のもと、子どもたちは本物に負けない立派な演技を披露しました。大船頭を務めた吉田蒼さん(小6)は、「来年はくんちで大太鼓に出るので、しっかり大きな音と声を出していきたい」と話しました。児童を指導した万屋町の古澤健太郎さんは「今年、踊町だったんですけど(奉納が)なくなってしまったので、子供たちとヨッシリヨイサを言えて僕らもうれしかったので、来年は僕らが頑張る出番です」と話しました。今年は新型コロナ対策として保護者は自分の子供の演目だけ運動場で応援し、それ以外は待機場所での観覧となりました。