ニュースNEWS

新国民民主党県連設立へ

2020年11月09日

旧国民民主党の解党後、無所属で活動していた県内の地方議員が新国民民主党に入党し県連を立ち上げる準備を進めていることがわかりました。
今年9月、旧国民民主党と旧立憲民主党が合流しましたが、県内の19人の地方議員は合流新党に参加せず、無所属で活動していました。そのうち組織内の16人の県議について7日(土)代表の議員らが長崎市内で会合を開き、今後それぞれが新国民民主党に入党届を出し、今月中にも県連の設立を県選管に届け出る方針を確認したということです。代表には新国民所属の長崎1区選出の西岡秀子衆議院議員が就任する予定です。既に入党届を提出した深堀浩県議は「旧国民の政策・理念を踏襲した新国民民主党で頑張っていく」と話しています。