ニュースNEWS

【長崎】九州高校野球準決勝 長崎・大崎が決勝進出

2020年11月05日

秋の九州高校野球。ベスト4進出で初の選抜出場が有力となった大崎が準決勝に臨みました。試合は延長にもつれる激戦に。大崎は2回ツーアウト2塁で8番・村田。1年生・村田のタイムリーで大分の明豊を相手に先制します。エース坂本は5回に犠牲フライで追いつかれますが、その後は再三のピンチをしのぎ1対1のまま延長戦へ。10回表、坂本はワンアウト満塁のピンチを背負うと…犠牲フライで勝ち越しを許します。それでも大崎は食らいつきます。その裏ツーアウトながら1塁2塁のチャンスで2番乙内翔太。センター前に運んで2対2の同点に追いつきます。11回、レフトのキャプテン秋山、12回はショート村田、ファインプレーを連発し得点を許しません。迎えた12回ウラ。大崎はツーアウト2塁で前の打席、同点タイムリーの2番乙内翔太。見事なサヨナラタイムリー!大崎はセンバツ甲子園出場をほぼ確実にする決勝進出を決めました。決勝は6日正午プレーボール。相手は福岡大大濠です。