ニュースNEWS

諫早市長選に元国交省職員が出馬表明

2020年09月10日

任期満了に伴う来年春の諫早市長選に元国交省職員の山村健志さん(46)が10日、立候補を表明しました。諫早市長選への出馬表明は山村さんが初めてです。山村さんは西彼・長与町出身で、2017年から3年間、長崎河川国道事務所諫早出張所の所長を務めていました。今年春、諫早市内の経営者らから出馬を要請され、6月、国交省を退職しました。定住人口を10年後に1万人増やすことや市役所に危機管理室を新設することなどを政策に掲げています。山村さんは「諫早の街というのはすごくいろんな資源があっていろんな人たちがいる。たくさん諫早のことを思っている人たちがいる。この人たちの思いを一緒に10年後20年後の諫早のために仕事ができればどんなにやりがいがあるだろうと」と話しました。諫早市長選は2021年3月21日告示、28日投開票です。