ニュースNEWS

長崎県内で今年初 マダニに噛まれ男性死亡

2020年09月01日

長崎市で50代の男性がマダニによる感染症で死亡しました。マダニによる死者は今年県内で初めてです。長崎市によりますと50代の男性は8月1日に発熱や下痢などの症状が出て6日に病院を受診。SFTS=重症熱性血小板減少症候群と診断され、28日に死亡しました。SFTSはマダニによる感染症で県内では今年5例目、死亡は今年初めてです。(参考:去年は8件、死亡1件)市は草むらややぶなどに入る際は、長袖、長ズボンなど肌の露出を少なくするよう呼び掛けています。