ニュースNEWS

長崎市議会開会 コロナ緊急経済対策費を提案

2020年09月01日

新型コロナの緊急経済対策などを審議する長崎市議会の9月定例会が始まりました。田上長崎市長は「感染拡大防止と医療体制の拡充の両面に一定の効果が現れていると考えますが、今後も感染拡大に備え、市民の皆様に安心していただけるよう全力で取り組んでいきます」と述べました。長崎市が提案した一般会計補正予算案の総額は54億3655万円。うち40億7700万円が新型コロナの緊急経済対策です。主な対策では、長崎市内の宿泊施設で使えるプレミアム付きクーポン券を販売する「お得に泊まって長崎市応援キャンペーン」の事業費に2億3000万円余。通気性がある玄関ドアや非接触型水栓機器への改修など「新しい生活様式」に応じた住宅リフォームの補助金に約2130万円。全ての市立小中学校の児童・生徒に1人1台学習用コンピュータを整備する費用約4億1500万円などを盛り込んでいます。9月定例会は11日(金)までです。